ニュース : 石田英敬が学術委員会に加わりました

このたび「哲学と技術のリサーチネットワーク」は、石田英敬氏を学術委員にお迎えすることとなりました。当委員会は2014年に設立され、カール・ミッチャム、アンドリュー・フィーンバーグ、ジークフリート・ツィーリンスキー、そしてベルナール・スティグレールといった世界的に著名な哲学および技術の専門家で構成されています。

石田英敬は、東京大学名誉教授。現代思想、記号学、メディア論専攻。『ミシェル・フーコー思考集成』全十巻(筑摩書房、1998-2002年)責任編集、ベルナール・スティグレール『技術と時間』全三巻(法政大学出版局、2009-2013年)翻訳監修。著作に『記号の知/メディアの知』(東京大学出版会、2003年),『現代思想の教科書』(ちくま学芸文庫、2010年)、『大人のためのメディア論』(ちくま新書、2016)、『新記号論』(共著、ゲンロン、2019年)、編著に『デジタル・スタディーズ』全三巻(東京大学出版会、2015年)等。

前の投稿

出版: Psychopolitical Anaphylaxis: Steps Towards a Metacosmics by Daniel Ross

次の投稿

『Philosophy Today』(2021年5月9日)、特集「オートメーション以後の哲学」刊行のお知らせ