ベルナールの思い出

  ベルナールがぼくたちを残していってしまったなんて信じられるだろうか。 それはたしかなことだけれども、ぼくには信じられないし、やがて信じられるようになるとも思えない。   8月7